交通事故での車の修理

交通事故による車の修理と言うのは加害者であっても被害者であっても行わなくてはならないものです。
事故にあって廃車となってしまう場合には、もちろん修理をすることはありませんが、被害者となってしまい、先方からの車の修理について納得できないといったケースや、自分が加害者になってしまった際に先方から請求された修理費用が莫大な金額で、どう考えてもそんな金額にはならないだろうと疑問符を持ってしまうような場合など、様々なケースがあります。


双方で保険に加入していれば車の修理に関しても保険を適応させることができるため、大きなトラブルになってしまうことありませんが、どちらか一方が保険に加入していない状態での事故の場合には車の修理について様々なトラブルが発生します。


どのような状況でトラブルが発生した場合でも事故が起きる前の状態に戻すというのが基本的な修理内容になっていますので、これを基準として考えていかなくてはなりません。
特に多くなっているのは、交通事故で小さな傷しか付いていなくても、さらに自分で傷を広げてあえて大きな修理費用を請求したいというケースですが、こうした手段というのは非常に卑劣なこととなります。


近年では保険会社を通じて車の保険をする際には、保険会社が提携している修理工場に車を持ち込むという方法も採られるようになりましたが、車の修理に関して決して悪知恵を働かせることのないようにしましょう。
また適切な修理が行われない場合には示談成立前の段階で適正な修理が行われるように交渉する余地があります。


[管理人推奨リンク]
交通事故の示談成立に関して弁護士に交渉の依頼が出来るサイトです >>> 交通事故 示談成立

Copyright © 2014 交通事故と修理 All Rights Reserved.